ごあいさつ

 

校長 田中 利幸

 

 本校は昭和三十四年四月、砂町地区の発展に伴う生徒の急増により、当時江東区立の十五校目の中学校として砂町中学校内に開校しました。同年七月、江東区立砂町文化センターの地に建設され、昭和六十一年八月現在の鉄筋校舎へ移転しました。開校より六十年目、教育活動は、胸を張って誇れる内容や発表ばかりです。本校は以下の教育目標を有しています。

 

 1 自ら学び実行力のある人

 2 礼儀正しく思いやりのある人

 3 心身を鍛え忍耐力のある人

 

 本校の生徒は明るく元気で礼儀正しく思いやりのある生徒ばかりです。日常の学校生活では授業はもちろんのこと昼休みに校庭に出るなどして身体を動かし元気な様子が伺えます。行事などでは、生徒自らが自主的に活動し団結力や友情を深めています。また、全校生徒を対象にした校長面接では、誰もが一年間の頑張りを誇らしげに話してくれます。さらには、本校はPTA活動も大切にしており、日常の活動の他に夏季休業中にビーチボールバレー大会を体育館で行いPTAの親睦を図ることなど充実した活動を推進しています。今後もこれらのことをさらに充実・発展させて、第四砂町中学校生徒一人一人の可能性を最大限に引き出し、主体的に学ぶ生徒の育成を積極的に推進していきます。

 
   

 

更新日:2020年06月04日 08:29:17